腰痛・ヘルニア・骨盤矯正・首、膝の痛みの悩み解消健康器具

交通事故と骨格のゆがみ Ⅱ

交通事故と骨格のゆがみ Ⅱ

交通事故に遭った人たちは、骨格のゆがみを考慮しない治療過程で、すでに全身にゆがみが生じてしまうという悪循環により、身体の不調や痛みで長年悩み続ける人が多く心が痛みます。

交通事故で受傷後、歩幅が極端に狭く転びやすくなり、杖をついた高齢者に追い抜かされる速度でしか歩けない歩行障害と、首や足腰の痛みで神経ブロック治療などの治療を5年間も続けた自分自身の辛い体験と、長年治療を続けても痛みを改善できなかった多くの相談者の話からも、現代医療だけでは対処しきれない症例が多いと感じています。

交通事故は身体に大きな衝撃がかかる事で、全身の骨格に狂いが生じ複雑な症状になってしまうので、診断が難しいようです。微妙なゆがみは検査をしてもフイルムでは異常が見つけられず、症状を長引かせ多くの人の悩みに繋がるのだと思います。私のフイルム上の診断も「頸椎捻挫と腰椎椎間板ヘルニア」でしたが、検査結果だけでは説明がつかない症状が多く、医師も治療に難儀し、私自身も深い谷底に落ち込んだ心境でした。

シェルマジックは、機能障害と痛みで悩み続けた症状を、自分で考案した押圧方法で、劇的に回復に向かわせた健康器具です。長年体調不良が続いている方の健康回復に、「シェルマジック」をお試しいただき、今後の人生を元気に過ごされるよう願っております。

交通事故医療は難しい問題を、沢山抱えている事を体験しました。詳細は、水元由美子の著書「交通事故のトラブル」をご覧いただきたいと思います。

コメント



認証コード9302

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional