腰痛・ヘルニア・骨盤矯正・首、膝の痛みの悩み解消健康器具

腰曲がりの前兆と対処法

腰曲がりの前兆と対処法

夏になり薄着になると、身体の線が表に出やすくなります。特に猫背や腰曲がりが目立つようになり、洋服を素敵に着こなしていても姿勢が崩れていると、美しさも半減してしまうようで残念に思います。

まだ50~60代と思われる比較的若い人の中にも、腰が後ろへ引けたようなおかしな格好で歩いている人が多いのですが、身体の変化が穏やかに進むので自分では気がつかないようです。現に母も、私に指摘されるまで自分の歩き方の変化・腰曲がりの前兆に気付いていなかったのです。

腰曲がりの前兆は、手を腰の後ろに組んで歩きたくなる事から始まります。
骨盤の後ろ中央にある仙骨のゆがみが始まっているのです。シェルマジックに関心を持って下さった方の中には、両手を後ろへ回し仙骨を押圧してみたり、植木鉢の水受けで仙骨を押してみたところ「腰がすごく軽くなり歩きやすくなったので、シェルマジックの原理に納得した」という声が多数寄せられております。

実際にシェルマジックを装着体験した人たちは、装着直後にこれまでと身体の違いを実感し「まるで魔法みたい」とビックリされます。70歳代で腰が曲がりかけていた母も、シェルマジックでのリハビリを続け腰が伸びスタスタ歩けるようになり、海外旅行も楽しむ事が出来ました。残念ながら90歳で骨折してから旅行は無理になってしまいましたが・・・・。

腰が折れ曲がるほどになり、心臓が圧迫されるまで症状が進んでからでは遅いのです。腰曲がりの予防法と対処法は、なるべく早いうちに歩行姿勢の変化に気付き、シェルマジック腰用で仙骨を押圧矯正する事です。早く対処すれば短期間で腰曲がりは改善できます。日常生活に不自由するだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす腰曲がりで苦しむ人がいなくなるよう願っています。

コメント



認証コード3213

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional